コラーゲンサプリの実態

>

コラーゲンサプリを効果的に使う方法

コラーゲンとはどんなもの?

「コラーゲン」というと、何となく美容にいい、肌がつるつるになる、というイメージを持っている方が多いのでしょうか。
しかし、実際にはどんな成分なのか、なぜ美容にいいと言われているのかを説明することは難しいでしょう。
このコラーゲンについて詳しくリサーチしてみました。

まず、コラーゲンというのはそもそも人間を含む脊椎動物の体内に存在しているたんぱく質のことです。
骨、靭帯、腱、真皮(肌)などを構成しており、人間の体内のたんぱく質のうち3割ほどがコラーゲンなのです。
したがって、人間にとって非常に大切なものです。
また、もともと人間の体の中にあるものなので、摂取することで体に害があるということはないことがわかります。

コラーゲンの働き

コラーゲンは人間の体内のたんぱく質の3割ほどを占めています。
しかし、年齢を重ねるにつれて、その量はだんだん減っていきます。
したがって、コラーゲンを含むサプリメント、化粧品などは、私たちの体内から失われていくコラーゲンを補うためとも言えます。

では、コラーゲンとはどんな働きをしているものなのでしょうか。
人間の肌を構成するものには、表皮と真皮があり、表皮は肌の表面に近い部分で、真皮はそれを支える奥の部分です。
真皮の部分にコラーゲンはあり、繊維状になっていて表皮を支えています。
コラーゲンが少なくなると、支える力が弱くなり、肌のハリやつやに影響を及ぼしてしまいます。
年齢を重ねると肌に弾力がなくなったり、たるみが出て来てしまうのはコラーゲンの減少が関係していたのです。


Share